-NEWS-

通信型ドライブレコーダー
「MOVO EYE(ムーボ・アイ)」を
初期費用なし
月額料金1,980円で発売開始

MOVO EYE(ムーボ・アイ)は、JVCケンウッド社製のドライブレコーダーを
MOVOのクラウド管理画面に連携したGPS機能付きドラレコです。

ムーボ・アイはこんな方におすすめです!

  • 初期費用なしでドライブレコーダーを導入したい
  • ドラレコ機能だけでなく、位置情報も知りたい
  • 目的地への到着予測時間を知り、遅延発生を事前に把握したい
  • 配送状況の予実を一目で確認したい
  • 初期費用なしでドライブレコーダーを導入したい

ムーボ・アイの主な機能

事故画像の送信機能

到着予定時刻を自動計算し遅延情報を受け取れます

事故、衝撃などのイベント発生時に静止画を複数枚撮影し、リアルタイムでクラウドサーバーへ送信できるため、安全運転支援や運行情報の管理、事故などの緊急時の迅速な対応といったサポートが可能となります。

5秒に1回の位置情報取得

リアルタイム位置情報の取得、
自動着荷確認や工場構内の滞留状況が確認可能

物流業界最高頻度で位置情報が取得できるため、リアルタイムで車両の位置情報を地図上で確認できます。スティックのGPS情報を元に指定半径以内への入った時間と出た時間を取得する「ジオフェンス機能」を使って自動で着荷確認が可能です。また、工場や倉庫の敷地内での車両の滞留状況なども確認できます。

共同配送機能

荷主ごとの配送状況が確認できるようになりました

1つの配送ルートに複数の荷主の配送が含まれている場合でも、荷主ごとの専用画面から自社に関わる荷物に関してのみドライバーの配送状況や到着予定時刻、完了情報などを一覧で確認できます。荷物に関する情報を荷主が直接確認できるため、配送会社は配送状況問合せなどの手間を削減できます。

ドライバー作業なしで日報作成

日報をデジタル化することで労務時間が見える化します

ムーボ・スティックやムーボ・アイを装着することで、車両の業務開始から終了までの動きが自動で記録され、荷積み荷卸しについても事前に地点を登録することでジオフェンス機能を使って自動記録できるので、日報を簡単に電子的に作成可能です。また、日報のデータをCSVでエクスポートして待機時間などの分析も可能です。

ムーボ・アイの資料をダウンロードする

料金体系

MOVO EYE
(ムーボ・アイ)

※GPS機能付き通信型ドライブレコーダー

月額利用料(税別)
1,980円/月額1台

MOVO STICK
(ムーボ・スティック)

※GPSトラッカー

月額利用料(税別)
1,780円/月額1台

導入ステップ