物流業界ではトラックの待機時間が大きな問題となっています。
ムーボ・バース管理(トラック予約・受付)システムは
ドライバー/運送会社と倉庫運営者の
課題をまとめて解決します。

こんなお悩みございませんか?

・バース誘導のために何度も電話連絡が必要
・どのバースに誘導すればよいか不明瞭
・倉庫入場のために長時間待機が発生してしまう。
・混雑状況がわからない
・待機時間分を運送会社へ費用として支払わなければならない
・待機車両のせいで道路が危険な状況になったり、騒音が発生している

導入効果

センター/倉庫の
業務効率化

・事前予約によって作業計画・事前準備が可能に
・受付の自動化/無人化
・バース割当作業の効率化

運送業者/ドライバーの待機時間削減

・待機時間削減による労務時間の短縮
・コミュニケーション効率化による業務削減

荷主の
経費削減

・待機時間削減による運送会社への経費削減

周辺環境の
改善

・路上待機による事故の危険減少騒音問題解消
・CO2排出量減少

システム導入後の業務の流れ

ムーボ・バース管理システムの主な機能

主要機能一覧

オンライン予約 トラック入場前に運送会社の配車マンまたはドライバーが希望時間を予約することが可能です(物量や車格などの情報もあわせて入力可能)。
バース自動割当

バース自動割り当て機能により、トラック入場スケジュールの自動作成が可能です。
バースごとに納品事業者/出荷先、荷姿などの情報を事前にマスタ登録しておくことでルールに基づき割り付けを行います。

ドライバー受付 倉庫入口の受付箇所に設置したタブレット端末を使用してペーパーレスでトラックの入退場の管理が行えます。
※受付箇所設置用のタブレットを無料で進呈いたします!
※トラック受付システム単独でのご利用も可能です。 詳しい資料は →こちら
受付状況の確認/呼び出し 受付を済ませ入場したドライバーを現場のパソコン端末にて確認し、適宜バース番号の通知を行うとともにトラックをバースまで呼び出します。
各種データの蓄積 入場時間(ドライバーが受付した時間)、呼び出し時間(受付または現場作業員がドライバーをバースへ誘導した時間)、作業開始時間(現場作業員が画面で操作)、作業終了時間(現場作業員が画面で操作)、退場時間(ドライバーが受付した時間)の抽出が可能です。
ドライバー受付 倉庫入口の受付箇所に設置したタブレット端末を使用してペーパーレスでトラックの入退場の管理が行えます。
※受付箇所設置用のタブレットを無料で進呈いたします!
※トラック受付システム単独でのご利用も可能です。 詳しい資料は →こちら
ドライバー受付 倉庫入口の受付箇所に設置したタブレット端末を使用してペーパーレスでトラックの入退場の管理が行えます。
※受付箇所設置用のタブレットを無料で進呈いたします!
※トラック受付システム単独でのご利用も可能です。 詳しい資料は →こちら

国土交通省の要求事項等への対応について

荷待ち時間記録の義務化への対応

平成29年7月1日に貨物自動車運送事業輸送安全規則が改正され、トラックドライバーの荷待ち時間の記録を義務付けられました。

本改正の目的はドライバーの長時間労働を是正することとなっており、荷待ち時間の削減への対応は急務となっています。

※トラックドライバーの荷待ち時間等の記録の義務付けについては →こちら


物流総合効率化法の認定による税制優遇について

平成28 年10 月1 日より物流総合効率化法が改正され物流総合効率化法の認定を受けた物流施設は、法人税や固定資産税・都市計画税の減税、市街化調整区域での開発許可に関しての配慮
が受けられます。
税制特例(国税)を適用するためには、到着時刻表示装置(トラック予約受付システム)を選択することが必要であることが明記されています。

※国土交通省による総合効率化計画認定による支援制度(メリット)の記載は →こちら

料金表・資料詳細

料金表を含めた資料は以下のボタンよりダウンロード可能です。

ムーボ・バース管理システム資料/料金表をダウンロードする